患者の皆様へ
HOME >  患者の皆様へ  > 前立腺肥大・前立腺がん

前立腺肥大

前立腺肥大について
  • 前立腺 模型

    前立腺肥大について

    前立腺は精液を作っている臓器です。前立腺肥大は男性の特有の病気です。
    年齢を重ねると前立腺が大きくなり、50代の男性は半数程度、
    80代以上の男性では80%近くの男性が前立腺肥大症にかかっているといわれています。

    大きくなった前立腺が尿道を押さえ、狭くし、排尿の出が悪くなります。
    最悪の場合、尿がほとんど出なくなり尿道に専用の機具を入れて強制的に出すことになります。

前立腺肥大症の患者様は年々増え続け、
多くの男性が前立腺肥大症で悩んでいます。
  • 前立腺 元の大きさ

    元々はこの大きさです。

  • 前立腺 腫れた状態

    腫れた前立腺はこんなに大きくなります。

  • 前立腺 比較

    比較するとこんなに違います。

前立腺肥大症の特徴

  • 排尿後、まだ尿が残っている。

  • 尿が途中で途切れる。

  • トイレが近い。

  • 急に尿意を催し、漏れそうで我慢できない。

  • 尿の勢いが弱い。

  • お腹に力を入れないと尿が出ない。

  • 夜中に何度もトイレに起きる。

  • 治療法

    尿検査・エコー検査で状態を確認して治療判断をおこないます。

    【薬による治療】
    アルファワンブロッカーという薬を主に使用します。
    前立腺を収縮させる“ノルアドレナリン”という物質の働きをブロックします。ある程度の期間を必要とします。

    【手術】
    内服治療で効果がない場合は手術療法があります。手術はふじおか腎泌尿器科クリニックではおこなっておりませんが、
    地域の病院と連携しておりますのでご紹介させていただきます。

前立腺がん

  • 前立腺がん イラスト
    前立腺がん

    前立腺がんは読んで字のままで、前立腺にできるがんです。
    よく勘違いされやすいのですが、前立腺肥大症とは全く別の病気ということです。

    前立腺肥大症が前立腺の内側にできるのに対して前立腺がんは外側にできます。
    前立腺肥大症と同じような年配の方に多く見られています。

    前立腺がんによる死亡者数は2015年には2000年の2倍以上、
    1995年の約3倍になると推定されています。
    さらに、この予測をもっと上回るとも言われています。

  • 前立腺がんの症状

    前立腺がん

    前立腺がんは自覚症状がほとんどありません
    そこが一番怖い所でもあります。排尿などにも特に変化は見られません。

    がんが骨に転移し、痛みを感じることがありますが、
    こうなった状態はかなり進行しているといえます。
    前立腺がんは1つのがん細胞ができて、それが増殖し、治療を要するようになるまでに
    一般的には40年近くかかるといわれています。

    つまり年齢を重ねるごとにがん細胞の数が増えるため、60歳を越えたくらいから
    前立腺がんの発見率も高くなっていきます。これが「高齢者のがん」といわれる由縁です。

  • 前立腺がんを防ぐには?

    前立腺から分泌されるPSAという物質の血液中の濃度を測定します。PSAはProstate Specific Antigenの略で前立腺特異抗原と呼ばれます。
    いわゆる血液検査です。この方法が現時点では確実な方法になります。血液検査の結果は翌日には分かります。

    ふじおか腎泌尿器科クリニックでもおこなっておりますので、50代以上の方は1年に1度は血液検査を受けることをお勧めいたします。

診療時間